本文へスキップ

日本キリスト教団呉平安教会は正統なプロテスタント系のキリスト教団です。



この度の豪雨災害で被害に遭われた方々に、主の慰めをお祈り申し上げます。

教会行事情報

 礼拝・集会関連

  
  • 教会創立115周年記念礼拝|3月3日(日)午前10時30分〜
  • オルガンコンサート 奏者:玉理照子姉|3月24日(日)午後1時30分〜
上項目添付のチラシ画像をクリックすると大きな画像になります。
印刷し、ご友人やお知り合いにお配りください。

次週礼拝予告

"受難節前2主日" 2019年2月24日(日)10:30〜 

  • 聖 書⇒ 詩篇23篇1〜6節,マルコによる福音書第1章16〜39節
  • 説 教⇒ 「悪しきものよ出て行け」(マルコB)|小林克哉牧師       
  • 賛美歌⇒  351,402,459,90   
  • 集 会⇒ 礼拝前:こども会礼拝|9:30〜        
         礼拝後:☆求道者会 ☆オリーブ祈り会 ☆会堂掃除 ☆臨時教会役員会 
  • ★夕礼拝:18:00〜
  

先週までの礼拝記録

                                        
2/17
聖書:ルカによる福音書第23章32〜43節
説教:「主が祈ってくださるから」
2/10
聖書:創世記第12章1〜4節,マルコによる福音書第1章9〜20節
説教:「悔い改め信じついて行く」 
2/3        
聖書:ルカによる福音書第19章38節,マルコによる福音書第1章1〜15節
説教:「イエス・キリストの福音の初め」
1/27        
聖書:歴代誌上第21章1~13節,ペトロの手紙T第5章6〜14節
説教:「恵みに、そして信仰に踏みとどまれ」
1/20     
聖書:マタイによる福音書書第21章12〜17節
説教:「祈りの家に帰ろう」 
     

主日の御言葉主日の御言葉

2/17
主日の御言葉
「するとイエスは、『はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる』と言われた。」(ルカ23:43)

 聖書は、神がイエス・キリストによってわたしたち人間に出会い、語りかけてくださることを記しています。神はわたしたちに何と語りかけてくださるのでしょうか。ユダヤ人はそのことを真面目に考えました。神の目に適う者がいるだろうか。そうであるなら、神からは裁き、呪いしか聞くことはできないのでないかと。その中でも特に、誰もがあの人は神の裁きと呪い以外あり得ないと思ったのが、十字架刑を受けるような犯罪人でした。今であればトップニュースで流され、国民が異口同音に極刑にすべきだと言われる犯罪人です。
 神はイエス・キリストにより一人の犯罪人と出会い、語りかけられました。罪を犯し、失敗をする度に、人は次はどうにかと思うのです。しかしこの犯罪人は十字架の上で死刑に処せられていました。もうお終い、やり直すことはできないところまできていたのです。そんな犯罪人は十字架に一緒につけられているイエスさまと出会ったのです。同じ立場にまでなってくださり、傍らに来て、ただ一人味方となってとりなし祈り、語りかけてくださるお方です。
 この犯罪人は「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」と言います。死刑になるような人間がよく言えたものだと思われるかもしれません。しかし、そう言えたのは、十字架の上でイエスさまが「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」との祈りを聞いたからだと思います。この人は本当は何も分かっていなかったでしょう。イエスさまが今、十字架で神の呪いと裁きを身代わりに引き受けて死なれようとしていたことも。このお方の死により、罪の赦しが与えられ、永遠の命に復活し神の国に入れられる恵みが与えられることも。
 神はとりなし祈るイエス・キリストによってこの犯罪人に、そしてわたしたちに出会い、語りかけてくださいます。今日から救いの中に入れられ、イエスさまと共に歩み出すことがゆるされるのです。アーメン




日本基督教団呉平安教会

〒737-0811
広島県呉市西中央5-6-1

TEL 0823-23-4435
FAX 0823-69-5015
E-mail mail@kurehei.jp