本文へスキップ

日本キリスト教団呉平安教会は正統なプロテスタント派のキリスト教会です。



 2017.6.18 礼拝予告 (T@C) 
 

三位一体後第2主日 (2017年6月25日 10:30~)

  • 聖書:詩編113:1-9,フィリピの信徒への手紙2:1-11
  • 説教:「キリストはへりくだられた」小林克哉牧師(呉平安教会)
  • ☆こども会礼拝(9:30~) ☆オリーブ祈り会 ☆求道者会 ☆会堂掃除 ☆オルガンコンサート(13:30~)☆夕礼拝(18:00~)


♪過去の礼拝記録
6/18 聖書:詩編119:105-112,ローマの信徒への手紙5:1-5 説教:「苦難は忍耐、練達、希望を生む」
6/11 聖書:詩編119:153-160,フィリピの信徒への手紙1:21-30 説教:「主のために苦しむこともまた恵み」
6/4 聖書:ペトロの手紙一2:1-10,使徒言行録2:4 説教:「わたしたちは神の祭司とされている」
5/28 聖書:ダニエル書6:1-11,フィリピの信徒への手紙1:15-26 説教:「生きる荷重生きるにも死ぬにも」
5/21 聖書:イザヤ書40:1-11,フィリピの信徒への手紙1:12-18 説教:「キリストが告げ知らされる喜び」

主日の御言葉
6/11 聖書:詩編119:153-160,フィリピの信徒への手紙1:21-30 説教:「主のために苦しむこともまた恵み」


主日の御言葉
「あなたがたには、キリストを信じることだけでなく、キリストのために苦しむことも、恵みとして与えられているのです。」(フィリピ1:29)

 神は、わたしたちに信仰を与えてくださいました。キリストの十字架のみ苦しみにより罪赦され、神との和解を得て神の子とされ、今や天の国を本国とする者とされているのです。フィリピはローマの植民都市でした。人々はローマ風の生活をしていたのです。パウロは「福音にふさわしい生活を送りなさい」(27節)と言います。元の言葉はポリスの市民として生活するという意味の言葉です。キリスト者は地上にありながら、本国である天の生活をするのです。天において神だけが神であり、イエス・キリストが王であれれるように、地上においても神だけを神として礼拝をささげる歩みをなし、愛と恵みのご支配の内に導かれる王であるイエス・キリストと共に歩むのです。これは神から恵みとして与えられていることです。
 福音にふさわしい生活とはイエスさまから愛され、イエスさまを愛する生活であると言えるでしょう。誰かを愛することを真実に経験した者は知っています。愛するとは、その人とただ楽しく過ごし、喜びを共にすることだけではありません。その人と共に泣き、労苦を共にすることです。共に苦しみの道を通っていく中で、二人は愛の深みを経験するものです。イエスさまと共に歩んで行く時、この世では様々な困難があるでしょう。しかしイエスさまと共に喜び、イエスさまと共に労苦することの中で、わたしたちは神の愛の深みを経験することになるのです。アーメン


このページの先頭へ

バナースペース

初めての方へ (礼拝案内)
教会へのアクセス

今月の予定
今週の呉平安教会
信仰告白/宗派
今月の聖書メッセージ


礼拝配信:毎週日曜日10:30~



日本基督教団呉平安教会

〒737-0811
広島県呉市西中央5-6-1

TEL 0823-23-4435
FAX 0823-69-5015
E-mail mail@kurehei.jp
呉平安教会公式ホームページ呉平安教会の公式ブログ