本文へスキップ

日本キリスト教団呉平安教会は正統なプロテスタント派のキリスト教会です。



 2016.12.04 礼拝予告 クリスマスのお知らせ (A@H) 
 

待降節第3主日 (2016年12月11日 10:30~)

  • 聖書:エレミヤ書31章10~14節,使徒言行録20章1~12節
  • 説教:「神だけが与えられる慰め」小林克哉牧師(呉平安教会)
  • ☆会堂掃除 ☆聖歌隊練習 ☆定例教会役員会 ☆夕礼拝(18:00~)


♪過去の礼拝記録
12/04 聖書:ルカによる福音書1章28節,使徒言行録19章21~40節 説教:「混乱の中でも真実を見つめる」
11/27 聖書:ヨエル書3章1~5節,使徒言行録19:1~20 説教:「神の聖なる霊を受けた者」
11/20 聖書:エレミヤ書1章4~8節,使徒言行録18章18~28節 説教:「それぞれに神のための役がある」
11/13 聖書:エレミヤ書1章4~8節,使徒言行録18章1~17節 説教:「恐れるな、語り続けよ」
11/06 聖書:エレミヤ書31章31節,コリントの信徒への手紙一15章1~11節 説教:「受け継がれる信仰」
10/30 聖書:イザヤ書42章5-7節,使徒言行録17章16-34節 説教:「世界とその中の万物を造られた神」

今年は、教会でクリスマスを過ごしませんか?


クリスマス日曜礼拝
12月25日(日)10:30~




クリスマス聖夜礼拝

12月24日(土)18:30~




主日の御言葉
11/27 聖書:ヨエル書3章1~5節,使徒言行録19:1~20 説教:「神の聖なる霊を受けた者」

主日の御言葉
「パウロが彼らの上に手を置くと、聖霊が降り、その人たちは異言を話したり、預言をしたりした。」
使徒言行録19:6)

 パウロはエフェソへとやって来ました。そこで「弟子」に会いました。イエスさまを救い主として信じていた人たちです。しかし、この「弟子」たちはヨハネの洗礼しか受けておらず、聖霊をについて聞いたこともないと言ったのです。おそらく、洗礼者ヨハネの弟子(そこから生まれたグループ)であったのでしょう。洗礼者ヨハネが告げ指し示した通り、ナザレのイエスこそメシア=救い主であると信じていたのです。
 現代でも様々にキリスト教との出会いを経験することがあります。書物を通して、キリスト教主義学校や施設を通して、メディア伝道団体を通して等々・・・・。その出会いの中で、自分はキリスト教だと考える人が出てもおかしくないでしょう。しかし、キリストの体である教会を通し、福音を聞き、洗礼を授けられ、聖餐にあずかることにより真実にキリスト者であることができるのは言うまでもないことです。
 知識としてイエス・キリストを救い主だと考えているのではなく、心から神に「父よ」と祈り、イエスさまを主と告白し、賛美と礼拝をささげる者とされるのは聖霊のお力によるのです。以前は、信じていなかった者が今は信じるようにされ、主を証しする者とされているのは、その人の修行や努力の賜物ではなく、聖霊なる神が生きて働かれているからに他なりません。この恵みを受けていることを改めて感謝したいと思います。
アーメン





このページの先頭へ

バナースペース

初めての方へ (礼拝案内)
教会へのアクセス

今月の予定
今週の呉平安教会
信仰告白/宗派
今月の聖書メッセージ


礼拝配信:毎週日曜日10:30~



日本基督教団呉平安教会

〒737-0811
広島県呉市西中央5-6-1

TEL 0823-23-4435
FAX 0823-69-5015
E-mail mail@kurehei.jp
呉平安教会公式ホームページ呉平安教会の公式ブログ