本文へスキップ

日本キリスト教団呉平安教会は正統なプロテスタント系のキリスト教団です。



この度の豪雨災害で被害に遭われた方々に、主の慰めをお祈り申し上げます。

イベント情報

 礼拝・集会関連

  • 信仰懇談会…1月27日(日)午後1時〜        
  • ◇2月の「来てみんさい礼拝」は2月17日(日)です。
  • オルガンコンサート 奏者:玉理照子姉|3月24日(日)午後1時30分〜

次週礼拝予告

"公現後第2主日" 2019年1月20日(日)10:30〜 

      
  • 聖 書⇒ マタイによる福音書21章11〜17節
  • 説 教⇒ 「祈りの家に帰ろう」|広島女学院大学 澤村雅史牧師       
  • 賛美歌⇒  169,346,280,90   
  • 集 会⇒ 礼拝前:☆こども会礼拝                                         礼拝後:☆オリーブ祈り会 ☆愛餐会 ☆麦&サフラン&ナルド&オリーブの会例会
  • ★夕礼拝:18時〜|J ※小林牧師は逗子教会で奉仕です。
  

先週までの礼拝記録

                          
1/13
聖書:ルカによる福音書第19章1〜10節
説教:「わたしの名を呼んでくださる神」 
1/6
聖書:ルカによる福音書第2章29節,ペトロの手紙T第5章1〜7節
説教:「シメオンとアンナ」 
12/30        
聖書:箴言第11章23節〜31節,ペトロの手紙T第4章10節〜19節
説教:「自分の魂をゆだねただ神に従え」
12/23        
聖書:ルカによる福音書第2章1〜20節
説教:「飼い葉桶の中の救い主」
12/16        
聖書:箴言第10章1節〜12節,ペトロの手紙T第4章7節〜19節
説教:「愛は多くの罪を覆う」
12/09     
聖書:詩編第115篇1〜18節,ペトロの手紙一第4章1~11節
説教:「生きるようになるためです」(TペトロK)
     

主日の御言葉主日の御言葉

12/30
今年最後の主の日の礼拝でした。アドヴェントクランツが灯される中、クリスマスの光の中で年末年始を迎えます。主日の御言葉をお贈りします。神様の恵みの内を歩む新しい一週となりますよう祈りつつ。牧師

主日の御言葉
「だから、神の御心によって苦しみを受ける人は、善い行いをし続けて、真実であられる創造主に自分の魂をゆだねなさい。」(Tペトロ4:19)

 今年も終わろうとしています。終わりから振り返ると見えてくることがあります。感謝があり後悔があります。その時にはなぜと思ったことが、今はあってよかったと思えたりもします。人と人とが共に歩むとき、楽しみや喜びだけでなく、かえって苦しみをいっしょに担い経験することにより、愛が深まることもあるのです。
 ペトロには苦い経験がありました。逮捕されたイエスさまが裁判を受けていた大祭司邸の庭に行った。「お前も仲間なのか」と問われた。「わたしは知らない」と答えた。嘘を言った結果、ペトロは逮捕されず苦しまずに済んだ。その瞬間はよかったと思った。しかし、神の裁きの座に立つとき、言い逃れようのない罪でしかないことをペトロは痛感するようになっていたのです。それからのペトロはキリストの苦しみにあずかればあずかるほど喜びがあることを知るようになっていきました。
 この手紙を受け取った者たちは迫害の中にありました。キリストを信じるがゆえに苦しまなければならなかったのです。その苦しみを自分で解決しようと思えば、信仰を捨てればよかったでしょう。ペトロは言います。自分で苦しみを解決しようと躍起にならなくていい。終わりの日へと必ず導かれる神にすべてをゆだねたらいい。わたしたちにできるのは神の御前でできる善を淡々と行うことだけです。礼拝をささげ、福音を伝え、小さな愛の業をなす。結果は神におまかせすればよいのです。アーメン




日本基督教団呉平安教会

〒737-0811
広島県呉市西中央5-6-1

TEL 0823-23-4435
FAX 0823-69-5015
E-mail mail@kurehei.jp