本文へスキップ

日本キリスト教団呉平安教会は正統なプロテスタント派のキリスト教会です。



 2017.7.23 礼拝予告 (C.T@C) 
 

三位一体後第7主日 (2017年7月30日 10:30~)

  • 聖書:ルカによる福音書19:1-10
  • 説教:「今日はぜひあなたの家に」清藤淳牧師(和歌山教会)
  • ☆こども会礼拝(9:30~) ☆求道者会 ☆オリーブ祈り会 ☆愛餐会 ☆信仰懇談会(13:00~)
  • ☆夕礼拝(18:00~)


♪過去の礼拝記録
7/23 聖書:出エジプト記19:3-8,テトスへの手紙2:11-15 説教:「恵みとチャレンジ」
7/16 聖書:サムエル記上20:11-15,フィリピの信徒への手紙2:17-24 説教:「確かな人物と認められる人」
7/9 聖書:ダニエル書12:1-4,フィリピの信徒への手紙2:12-18 説教:「共に喜び、星のように輝く」
7/2 聖書:ヨハネの黙示録22:20,フィリピの信徒への手紙2:6-18 説教:「十字架の死に至るまで従順に」
6/26 聖書:詩編113:1-9,フィリピの信徒への手紙2:1-11 説教:「キリストはへりくだられた」


主日の御言葉
7/16 聖書:サムエル記上20:11-15,フィリピの信徒への手紙2:17-24 説教:「確かな人物と認められる人」


主日の御言葉
テモテが確かな人物であることはあなたがたが認めるところであり、息子が父に仕えるように、彼はわたしと共に福音に仕えました。」(フィリピ2:22)

 神がイエス・キリストによって与えてくださる恵みの一つが「主にある交わり」です。
 パウロは時にキリスト者から批難され、裏切られることがあったようです。そんなパウロにとってテモテという存在は神からの慰めであったようです。パウロは「他の人は皆、イエス・キリストのことではなく、自分のことを追い求めています。」(21節)と言い、しかしテモテは違うのだと言うのです。テモテは「確かな(証明済みの・練達な)人」、イエス・キリストを追い求めている。パウロがテモテを信頼できるのは、個人的な親しさや自分に対する好意を根拠にしてではなく、テモテが神に従う人だからです。
 教会に通い出したばかりの頃、肺炎で入院したことがあります。教会のある方が、同じ病院に入院している人のお見舞いの帰りに私の病室にも訪ねてくださり、心を込めわたしのために祈ってくださいました。まだ教会に通い出したばかりでそんなに親しい関係ではなかったのにです。主にあって親身になり訪ねてくださったのです。テモテが親身になってフィリピ教会の人たちを心にかけるのは「主にあって」です。
 神は教会でしか経験することのない「主にある交わり」を与えてくださいます。キリストが中心におられ、キリストにより結ばれ、共に福音に仕える交わりです。それは未だ完全ではないかもしれません。傷つくこともあります。しかし、永遠の神の国で与えられる完全な愛の交わりが、既にイエス・キリストによって教会において始まっているのです。テモテのような人の存在は、神からの励ましであり慰めなのです。アーメン


このページの先頭へ

バナースペース

初めての方へ (礼拝案内)
教会へのアクセス

今月の予定
今週の呉平安教会
信仰告白/宗派
今月の聖書メッセージ


礼拝配信:毎週日曜日10:30~



日本基督教団呉平安教会

〒737-0811
広島県呉市西中央5-6-1

TEL 0823-23-4435
FAX 0823-69-5015
E-mail mail@kurehei.jp
呉平安教会公式ホームページ呉平安教会の公式ブログ